「材」「質」にこだわる 海と山から生まれた健康素材

人は古来より 自然と共に暮らしてきました 自然を活かし、感謝し、大切に活用する それは今も、昔も、変わりません 丸和建設Air Vertの家づくりは 活きた自然素材にこだわり 自然が本来持っている力を活かします

「子どもたちの未来と健康を守る。」

家は日々の疲れを癒し、家族みんなを健康的にはぐくむ、重要な空間です。ところが、その空間が、建材や家具・家電などから発生する様々な化学物質により「不健康な空間」になっています。事実として、シックハウスやアレルギーなどで悩み苦しんでいる方が、年々増えてきています。特に体の小さい子供たちへの影響は大きく、喘息やアトピー性皮膚炎、鼻炎など、国内の約20%の子供たちは既に発症し、約65%の子供たちも陽性反応が出ています。
多くの住宅業者は、当然の様にフローリングやビニールクロスを用いた家をつくります。その家を見るたびに、「フローリングの表面に塗ってある塗料は大丈夫だろうか?」「ビニールクロスを貼る糊や接着剤は大丈夫だろうか?」「防蟻剤は大丈夫だろうか?」など多くの疑問が浮かんできます。

子どもたち

子どもたち

「材」と「質」にこだわる健康住宅「AirVert」は、高い省エネ性能での温熱環境の健康・快適な住環境と共に、室内の有害化学物質を吸着・分解し、更に生きた自然素材から得られる免疫力を高める住環境を実現します。

環境に敏感な子どもたちが健康的にすくすく育つ環境と、近い未来に必要とされる省エネ・快適性能を満たすことにより、安心して過ごすことができる暮らしをご提案します。

「音響熟成木材」

驚くほどに、清々しい。森の空気を我が家に。

良材を適した乾燥方法で作り上げる

木造住宅において、一番大事なのは木材の質にあります。まずは木材そのものがどういったものであるのか。次にその木材をどの様な過程で「乾燥」するのか。
その乾燥方法も色々ありますが、一般的には「自然乾燥」と「機械乾燥」に大きく分かれます。
まず、木材にとって最も良い方法は「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかり、乾燥途中で割れることや変形することがあり、ロスが多いため非常に割高になります。
また、「機械乾燥」では熱風やスチーム等による高熱を利用して乾燥させます。そのため木材の最も大切な油やエキスが水分と共に失われ、同時に木の細胞が破壊されてしまい、木の本来の機能が失われてしまいます。

「音響熟成木材」は、38℃~40℃の常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させます。木の細胞が破壊されず、木材の持つ油分やエキスがそのまま残ることで保温・保水・防菌作用を持ち合わせ、時間と共に美しいツヤもでてきます。まさに生きた素材へと仕上がります。
木が持つ本来の力を活かすことで、私たちの暮らしを快適で心地よくする効果が生まれるのです。

音響熟成木材

音響熟成木材

細胞が生きている材には、本来のねばりがある。

木材の細胞が生きているか、細胞が壊れているかにより、木材自体の強度・ねばりが大きく異なります。ヤング係数など、圧縮、引っ張り、曲げの強度性能も、第三者機関の実験調査で高い評価を得ています。音響熟成木材は表面に凸凹を出す「浮づくり加工」を施した床材のほか、構造材や親父柱・家具など、家づくりに幅広く使用できます。

「音響熟成木材」の特徴

  • 常温で音響熟成乾燥するので、木材の細胞が破壊されず、本来持っている油分を含有し、見た目が美しく、防菌作用に優れます。
  • 本来持つ杉のエキスや油分が、住まい手の免疫力を向上させます。また高い調湿作用により、風邪やインフルエンザの予防になります。
  • 調湿性能が良くなり、結露防止や防カビ対策に役立ち、木材強度が増します。
  • 保湿性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる。

「幻の漆喰」

室内の空気が変わる、海から生まれた健康素材。

幻の漆喰

漆喰とは消石灰に海草糊を加え、つなぎとして麻などの繊維を混ぜて仕上げる塗り壁の材料で、日本では昔からお城や寺社、民家はもちろん宝物や古文書などを保管する土蔵などの壁材として使われてきました。「幻の漆喰」は、豊かな命の海「有明海」に生息する赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、海藻の銀杏草を煮て作った糊と無菌水を混ぜ合わせて作ります。伝統と高度な技術を組み合わせて作り出された、今までにない新しい漆喰です。

鹿児島の風土・気候に最も適した材

「幻の漆喰」は湿気が多い時には吸湿、乾燥時には放湿するという調湿機能があります。四季によって気候や湿度が大きく変わる気候にある鹿児島の建物に、最良最適な材料といえます。

天然の空気清浄機

活きた自然素材を用いた住まいだから、住まい手の健康に無害で安全です。さらに「光熱触媒」の極めて高い作用で、室内の化学物質や悪臭を吸着・分解し、室内の空気を清々しく保ちます。
光熱触媒とは、光が当たると「幻の漆喰」は触媒として働き、空気中の化学物質を吸着・分解します。半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。また、+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。

驚きの分解力

生活の中で生じる臭いのほか、家具・家電、建材やビニールクロスなどから発生する目に見えないガスや化学物質・有害物質が存在します。

アトピー(アトピー性皮膚炎)やアレルギーの原因の一つともいわれるホルムアルデヒドの分解試験では、右のような結果に。わずか30分で驚きの数値が出ています。

音響熟成木材

「幻の漆喰」の特徴

  • 室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄機」です。
  • ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解します。
  • 光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)を自然に分解します。
  • マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散、リラックス効果が得られます。

竹炭入り清活畳

マイナスイオンを感じる快適空間

幻の漆喰

竹炭

日本人の暮らしと畳の関係は深いもの。その独特な肌触りや爽やかな香りは、住まい手の心を落ち着かせ、癒しを与えてくれます。竹炭入り清活畳は、心と身体に優しい畳の価値を再発見し、新たに竹炭の持つ力で、より快適で健康な住空間を生み出します。

竹炭のパワー

竹炭の断面は様々な形をした数ミクロンの穴が多数開いています。 それらの穴には有能な微生物(バクテリア)が棲んでいて、空気中のタバコや、ペット・トイレの臭いをはじめ、住宅や家具などから発生する化学物質のガスなどを吸着し、その効果は備長炭の数倍から10倍程度あると言われています。また、バクテリアは化学物質や有害物質を分解する働きもあります。

竹炭のパワー

六畳二間でドラム缶一本分

畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ清活畳。六畳二間でドラム缶一本分の量になります。だから竹炭の持つ「保湿・断熱」「消臭」パワーをそのまま畳で実現できました。 さらに半永久的に発生する「マイナスイオン」は、自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進します。そのため、プレッシャーやストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化等の効果があると言われています。

抗アレルギーで安心

表替えは何度でも可能ですので後々のメンテナンスも心配いりません。もちろんアレルギー体質のお子様にも安心してお使いいただけます。

清活畳の断面図

「清活畳」の特徴

  • 室内の温度を調整し、カビ、細菌、ダニ等の発生を抑えます。
  • 脱臭効果でお部屋の清々しい空気を保ちます。
  • 保湿・断熱効果で、夏涼しく冬暖かい部屋に。冷暖房費を節約できます。
  • マイナスイオン効果で安眠と目覚めを健やかにします。